【高松宮記念】福永メロディV!快速キングヘイローが「後押し」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

<高松宮記念>馬群から抜け出し、春のスプリント王に輝いたミスターメロディ(右)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 待望の新スプリント王が誕生した。春のG1開幕戦「第49回高松宮記念」が24日、中京競馬場で行われ、3番人気ミスターメロディが内から抜け出し、芝1200メートル戦初挑戦でG1初勝利を挙げた。福永祐一(42)はこのレース3勝目。かつてコンビを組んでいた00年高松宮記念覇者のキングヘイローが19日に老衰で死んだばかりで、供養の白星となった。2着に12番人気セイウンコウセイ、3着に17番人気ショウナンアンセムが入り、3連単はJRA・G1史上5番目の高配当となる449万7470円。また、G1連続騎乗を果たした藤田菜七子(21)のスノードラゴンは17着に終わり、同馬の現役引退が決まった。

 ゴールの瞬間、ガッツポーズを決め、祝福の歓声を背に浴びながらミスターメロディを止めようとした時、福永は不思議な感覚にとらわれた。まるでキングヘイローがそばにいるように感じた。「何かあるんですかね。あの馬が後押ししてくれたような感じだった。本当にそう思った」

 2枠3番から5番手付近で流れに乗った。馬群で脚をため、インでチャンスをうかがった。直線、セイウンコウセイが外に動く。前が空いた。追う。残り100メートルで先頭。力強く前に出た。「やりたい競馬ができた。いいタイミングでスペースが空いた。最後は馬が頑張ってくれた」。笑顔で語った。

 キングヘイローから競馬の怖さを教わった。98年ダービー。デビュー3年目の若武者は2番人気馬で大舞台に挑み、舞い上がった。頭が真っ白になり、1角であろうことか先頭へ。直線ではズルズルと下がり、勝ち馬から2秒6差の14着。大きな挫折を味わった。

 00年高松宮記念。直線で先頭に立ったのが福永とディヴァインライトだった。勝ったか。だが、大外から1頭、凄い脚で飛んできた。キングヘイローだった。福永は悔しさでゴーグルを外せなかった。“祐一、まだまだだな”。そう言われた気がした。その時と同じ中京、同じゴール前。今度はキングヘイローが福永の背中を押した。「僕に大きな糧をくれた馬。僕はあの馬に何もお返しできなかった」。福永はそう言ったが、ミスターメロディを短距離戦線の絶対王者へと導くことが形を変えたキングヘイローへの恩返しとなるはずだ。

 藤原英師もここが勝負どころと決めていた。父スキャットダディは15年に11歳という若さで急死。現役時にG1・2勝、種牡馬としても18年米3冠馬ジャスティファイを出した名馬。その名血を次世代へと受け継ぐことは、この血を預かった者の使命だ。「血を残すにはG1を勝たなければ駄目。プレッシャーはあった。本当に勝てて良かった」。初の芝1200メートル戦に難なく対応したセンス。デビュー戦はダートでぶっちぎったように砂もいける。「芝も砂もと選択肢は多い。米国、欧州、香港…。世界に挑戦したい気持ちはある」。使命感を胸に抱いた福永、藤原英師と共にミスターメロディは世界へと飛翔する。

 ◆ミスターメロディ 父スキャットダディ 母トラスティレイディ(母の父デピュティミニスター) 牡4歳 栗東・藤原英厩舎所属 馬主・グリーンフィールズ 生産者・米国ベルタワーサラブレッズ 戦績10戦4勝 総獲得賞金2億2034万3000円。

続きを表示

この記事のフォト

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月25日のニュース