川田がリーディング首位堅持!武豊が差を詰める ルメールは今週から復帰

[ 2019年3月21日 11:49 ]

川田将雅(左)と武豊
Photo By スポニチ

 JRAの騎手リーディング争いは前週17日の開催終了時点で川田将雅騎手(33)が36勝でトップ。50歳の誕生日を迎えたばかりの武豊騎手(50)が4勝差の32勝で2位につけている。

 2週連続で6勝の固め打ちと絶好調だった川田は2勝を上積みし、リーディング首位を堅持。50歳となってから初めての騎乗となった武豊は3勝し、単独2位に浮上。川田と4勝差とし、差を詰めた。M・デムーロが30勝で続き、29勝のC・ルメールは騎乗停止処分が明け、23日から復帰する。

 混戦の関東リーディングは三浦が22勝でトップ。戸崎が2勝差の20勝で追っている。コントラチェックでフラワーCを制した丸山が17勝、田辺が16勝でそれぞれ続いている。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月21日のニュース