【シルクロードS】戦い終えて

[ 2019年1月28日 05:30 ]

 ▼2着エスティタート(浜中)4コーナーを回った時は“ハマった”と思ったが勝った馬を褒めるしかない。

 ▼3着ティーハーフ(国分恭)枠が枠だったので馬のリズムを重視。前に進んでいく馬がいたので最後はそれを目掛けていった。9歳でも若いし、柔らかい。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年1月28日のニュース