三谷、地元奈良でGP優勝報告会「いい経験ができた」

[ 2019年1月9日 05:30 ]

花束を手に笑顔の三谷竜生(左)                               
Photo By スポニチ

 「KEIRINグランプリ2018」を見事制した三谷竜生(31=奈良・101期)の優勝報告会が8日、奈良競輪場内の多目的ホールで行われた。

 ファンの声援で迎えられた三谷は「(優勝インタビューで)いろんなことがあったので、思わず泣いてしまった」と当時の心境を語った。「グランプリの優勝に一番近い位置で緊張したが、優勝できていい経験ができた」。今年はダービー3連覇とグランプリ連覇がかかるが、「優勝はもちろん目指しているが、特に意識はしていません。まずは2月、奈良の地元記念連覇ですね」と話した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年1月9日のニュース