最優秀4歳以上牡馬はレイデオロ 今年も活躍に太鼓判

[ 2019年1月9日 05:30 ]

レイデオロで天皇賞・秋を優勝した鞍上ルメールのガッツポーズ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 最優秀4歳以上牡馬は天皇賞・秋の覇者レイデオロが投票総数の約77%、212票を獲得した。ダービーを制して最優秀3歳牡馬に選ばれた昨年に続くJRA賞受賞。藤沢和師は「ダービーの後もG1を勝てたし、JRA賞にも選出していただき光栄です。今とても充実した気配なので今年も頑張ってくれるでしょう」と喜びを語った。今後のローテーションについては今週末にもオーナーサイドと協議する予定。

 ◆レイデオロ 父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)牡5歳 キャロットファーム 美浦・藤沢和 ルメール ノーザンファーム 5戦2勝(海外1戦0勝) 3億9149万8700円(天皇賞・秋)

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2019年1月9日のニュース