最優秀短距離馬はファインニードル 電撃引退、種牡馬に

[ 2019年1月9日 05:30 ]

スプリンターズSを-ゴール前差して制したファインニードル
Photo By スポニチ

 274票を集め、最優秀短距離馬に選出されたファインニードルは電撃引退、春から種牡馬入りすることが発表された。ラストランの香港スプリント(8着)から帰国後、けい養先となる北海道日高町のダーレー・ジャパンスタリオンコンプレックスへとすでに移動済み。「ダーレージャパン生産でゴドルフィンの所有馬としては初のG1馬となり、種牡馬入りも初めて。ぜひ成功してほしい。子を手掛けられればうれしい」と高橋忠師。9日に競走馬登録を抹消する。通算26戦10勝。

 ◆ファインニードル 父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト(母の父マークオブエスティーム)牡6歳 ゴドルフィン 栗東・高橋忠 川田 ダーレー・ジャパン・ファーム 6戦4勝(海外2戦0勝) 3億3997万1600円(高松宮記念、スプリンターズS)

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2019年1月9日のニュース