最優秀4歳以上牝馬はリスグラシュー 次はドバイ直行も

[ 2019年1月9日 05:30 ]

エリザベス女王杯を制したジョアン・モレイラ騎乗のリスグラシュー(手前)(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 最優秀4歳以上牝馬はエリザベス女王杯勝ちが決め手となって265票を集めたリスグラシュー。矢作師は「なかなかG1を獲れなかった馬が、これだけの賞を頂けたことは感慨深い。ドバイに行くとなれば直行。国内路線なら3月後半から4月あたりの始動でヴィクトリアマイル(5月12日、東京)を目指すと思う」と話した。

 ◆リスグラシュー 父ハーツクライ 母リリサイド(母の父アメリカンポスト)牝5歳 キャロットファーム 栗東・矢作 モレイラ ノーザンファーム 7戦2勝(海外1戦0勝) 2億9099万5200円(エリザベス女王杯)

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2019年1月9日のニュース