×

【東スポ杯2歳S】アガラス鼻差届かず2着 ビュイック「敗因はゲート」

[ 2018年11月17日 16:30 ]

 2着はビュイック騎乗の7番人気アガラス(牡2=古賀慎)。後方からメンバー中最速の上がり33秒7をマークして差し込んだが、優勝したニシノデイジーに鼻差届かなかった。

 ビュイックは「敗因はゲート。あのくらいの出方でも位置を取りにはいけるが、前がふさがって行けなかった。その分脚はたまったが、直線で加速する時も狭くなってブレーキ。難しかった。ちょっと口元がセンシティブ(繊細)だけど、能力があるのは分かった」と素材の良さを強調していた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2018年11月17日のニュース