×

【東スポ杯2歳S】傾向と対策

[ 2018年11月17日 05:30 ]

 過去10年で傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【5・2・1・2】で3着内率80%。2番人気が【2・2・0・6】、4番人気が【2・2・1・5】とまずまず。5番人気以下の優勝は1頭だけ。

 ☆前走距離 1800メートルが【7・2・6・51】でリード。1600メートルが【3・4・3・34】で続く。2000メートルは【0・4・1・13】で連対はあるが、勝ち馬はいない。

 ☆新馬V実績 優勝馬10頭中、10年サダムパテック、16年ブレスジャーニーを除く8頭は新馬戦を勝っていた。未勝利戦V組は評価が下がる。

 結論 ◎ルヴォルグ ○カテドラル ▲ヴェロックス

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2018年11月17日のニュース