【ヴィクトリアM】アエロ95点、芍薬のように凛とした立ち姿

[ 2018年5月8日 05:30 ]

引き手を持つ菊沢師と芍薬のように凛(りん)とした立ち姿のアエロリット
Photo By スポニチ

 立てば芍薬…。すらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせることから芍薬は美しい女性が立っている姿にたとえられています。そんな初夏の花をイメージさせるのがアエロリット。どの馬よりも奇麗な立ち姿です。弓なりになった余裕のある引き手と柔らかいハミの受け方が絶妙なバランス。それでいて、しっかり立てた耳と目、鼻は前方の一点に集中している。尾は力みもなく、自然に垂らしています。

 正面で引き手を持っているのは菊沢調教師。G1の馬体診断を引き受けて3年になりますが、スタッフではなく調教師自らが立たせた姿は見たことがありません。芍薬のように奇麗な立ち姿。さすが菊沢師です。昨秋は力んで立っていたせいで全体像が硬く映りましたが、見違える姿になっています。

 馬っぷりも素晴らしい。特に際立つのは肩。「筋肉量が増えた」と指摘した昨年の秋華賞時よりもさらにボリュームがあります。鍛錬で身につけた筋肉です。飛節と四肢のつなぎはダート馬のように立ち気味ですが、芝でこれほどの結果を出しているので問題ありません。大きなストライドを可能にする寝肩(滑らかな角度の肩甲骨)が立ち気味の関節を補っています。

 芍薬の花は牡丹より小ぶりですが、香りは牡丹よりも強い。アエロリットが同じ東京マイルでG1初制覇を飾ったのは昨年の初夏。今年の初夏も甘い香気を放つ一季咲きの芍薬です。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年5月8日のニュース