岩手・鈴木麻優引退…昨年落馬骨折「気持ちが立て直せない」

[ 2018年2月2日 05:30 ]

鈴木麻優騎手(岩手県競馬組合提供)
Photo By 提供写真

 岩手県競馬組合は1日、所属騎手・鈴木麻優(22)の引退を発表した。

 同騎手は昨年9月16日の盛岡6Rで落馬し、背骨を骨折。日常生活に支障がない程度に回復しているが、引き続き治療中。「こんなに早く引退を決めた一番の理由は、自分の気持ちをまたプロの騎手として立て直すことができないと思ったからです。岩手競馬の騎手になれて幸せでした」と鈴木。今後については未定だという。宮城県出身。14年4月19日のデビューから地方通算1456戦67勝。3月25日に水沢競馬場で引退セレモニーが行われる。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2018年2月2日のニュース