【中京新馬戦】サラキア快勝!池添「もう一段ギアがありそう」

[ 2018年1月22日 05:30 ]

池添を背に中京5R新馬戦を快勝するサラキア(右)
Photo By スポニチ

 中京5R新馬戦(芝1600メートル)は1番人気に支持されたサラキア(牝=池添学、父ディープインパクト、母サロミナ)がV。直線余力十分に差し切った。池添は「ゲート試験を何度も落ちた馬だし不安はあった。それでも馬混みで我慢が利いて上手に走ってくれた。もう一段ギアがありそう」と絶賛。池添学師は「クラシックをいい状態で使えるように仕上げていきたい」と大舞台を見据えた。今後は全姉サロニカ(牝4=角居)が立てなかった桜花賞(4月8日、阪神)を目標に調整される。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年1月22日のニュース