【京都新馬戦】オールフォーラヴV!不向きの馬場でも能力発揮

[ 2018年1月22日 05:30 ]

 京都6R新馬戦(芝1800メートル)は2番手に付けたオールフォーラヴ(牝=中内田、父ディープインパクト)が粘るアロハリリーを首差かわして新馬V。川田は「2週除外された分テンションが高かったですが、我慢して走ってくれました。良発表でもあまり馬場が良くなかった。いい馬場でどれだけの競馬ができるか楽しみ」とコメント。中内田師も「向いている馬場ではなかったけど、勝つあたりが能力」と話した。またディープの素質馬がクラシックに名乗りを上げた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年1月22日のニュース