【中山新馬戦】ロフティフレーズ差し切り!上原師「素質ある」

[ 2018年1月22日 05:30 ]

内田を背に中山6Rの新馬戦を制すロフティフレーズ(手前)
Photo By スポニチ

 中山6R新馬戦(芝1600メートル)は3番人気のロフティフレーズ(牝=上原、父ロードカナロア)が初陣Vを飾った。6番手から外を回って直線残り150メートルで加速。ゴール前で3頭まとめて差し切った。「新馬向きの気性。掛からなければいいと思ったが折り合いは付いた。前向きな面はいい」と内田。上原師は「スイッチが入るとガーンと行くしまだ子供だが、スピードと素質がある」と話した。今後は未定。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年1月22日のニュース