【AJC杯】ミッキースワロー2着、最大目標の春天へ収穫

[ 2018年1月22日 05:30 ]

AJC杯で2着に敗れた横山典騎乗のミッキースワロー
Photo By スポニチ

 菊花賞(6着)以来となったミッキースワローは後方3番手追走。徐々にポジションを押し上げて4角手前では3番手まで進出。直線半ばで鞍上の横山典がGOサインを送るとグイグイ伸びて上がり3F最速タイとなる34秒8の末脚で粘るマイネルミラノを半馬身かわして2着。「縦長の展開で競馬が難しかったが、これから距離を延ばしていく上で、いい競馬ができた」と菊沢師。最大目標の天皇賞・春(4月29日、京都)に向けて、収穫を口にした。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2018年1月22日のニュース