マリアライト 19日に初子誕生!G1馬エピファとの良血牡馬

[ 2018年1月22日 05:30 ]

 15年エリザベス女王杯、16年宝塚記念を制したマリアライト(7歳、父ディープインパクト)の初子が19日に北海道安平町のノーザンファームで誕生していたことが分かった。14年ジャパンCなどG1・2勝馬のエピファネイア(8歳)との間に生まれた子は牡馬で、毛色は母と同じ黒鹿毛。現役時代にマリアを管理した久保田師は「早く牧場に合いに行きたいですね。将来、管理できるようなことがあれば、うれしい」と喜んだ。早ければ20年にデビューを迎える。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年1月22日のニュース