【東海S】戦い終えて

[ 2018年1月22日 05:30 ]

 ▼3着モルトベーネ(秋山)ファイトした分、最後は渋くなった。それにしてもテイエムは強い。強過ぎる。

 ▼4着サンマルデューク(岡田)いい位置で運べた。9歳馬ですが力はありますね。

 ▼5着クインズサターン(池添)しまいは伸びていたが、序盤のロスが響いた。

 ▼6着ゴールデンバローズ(松山)中団から押し上げたが、最後はジリ脚になった。

 ▼7着オールマンリバー(藤岡康)抑え込まれて後ろから。最後は脚を使ったが…。

 ▼8着アスカノロマン(太宰)4角ではいい格好に持ち込めた。復調のきっかけになれば。

 ▼9着ディアデルレイ(勝浦)相手のペースに付き合ってしまった。意識し過ぎたかな。

 ▼10着サングラス(酒井)道中で絡まれた。馬の雰囲気や感触は悪くなかった。

 ▼11着タガノエスプレッソ(北村友)道中から付いていけなかった。

 ▼12着ローズプリンスダム(木幡巧)馬が苦しくなってフラフラと。しまいも脚が上がっていた。

 ▼13着ドラゴンバローズ(和田)追走に余裕がなかった。敗因が分からない。

 ▼14着ショウナンアポロン(丸田)馬が走る気になっていなかった。

 ▼15着シャイニービーム(中谷)1角の不利が全て。リズムを崩した。

 ▼16着サルサディオーネ(丸山)1角で不利。牝馬でかわいそうな競馬だった。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2018年1月22日のニュース