【秋華賞】リカビトス 不気味な存在…堂々の一番時計51秒1

[ 2017年10月12日 05:30 ]

横山和を背に坂路で追い切るリカビトス
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント=11日】報道陣の多さがG1週らしい活気。小田は坂路モニターにくぎ付けだった。3戦全勝のリカビトス。ベールに包まれたスター候補がどんな動きをするのか?ワクワクしていた。道中5馬身前を行くアウアウ(4歳500万)を豪快に抜き去り、最後は3馬身半先着。4F51秒1〜1F13秒5(馬なり)。3日間開催後の変則日程で、水曜に追う馬は少なかったが、それでも「51秒1」は堂々の一番時計。京都輸送を控える身でこの意欲的なメニューは凄い。

 「前に行った馬が前半速くてオーバーペースになったが、しまいまでしっかり動いた。いい内容だった」

 奥村武師がニッコリ笑った。昨年10月新潟で新馬を勝ち、3月500万下、6月八ケ岳特別で無傷V3。一戦ごとに間隔を空ける異例のローテーションでG1に駒を進めてきた。「本来ならば紫苑Sを使うのが常識でしょうけど、レースを使うとダメージが残る馬なので。トライアルから本番は考えにくかった」とまず経緯を説明。「2戦目を勝った時が強い男馬相手に差し切り勝ち。あの時、秋華賞を意識した。前走後はダメージがかなりあったので、夏はノーザンファーム天栄(福島)でしっかり疲れを取った。体質も以前と比べて強くなった」そう言って、目を輝かせた。

 主にダート戦線で活躍した母エンシェントヒルは強じんな末脚で現役時7勝。小田はその姿を鮮烈に覚えている。活躍の場は違うとはいえ、娘も“切れる遺伝子”はしっかり受け継いだ。重賞初挑戦がいきなりG1舞台。「G1!?ワクワクしますね。まだ負けたことがない馬なので…。そんなに甘くはないと思うけど、どれだけやれるか見てみたい」。指揮官の前向きな語りに、小田はノーマークは厳禁と心に刻んだ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2017年10月12日のニュース