【府中牝馬S】アドマイヤリード 坂路で一番時計4F50秒6

[ 2017年10月12日 05:30 ]

 ヴィクトリアマイル覇者アドマイヤリードは坂路で意欲的な併せ馬。2歳未勝利ガールズバンドを前に置く形で並び掛け、あえて突き放さない形で同入。4F50秒6はこの日の一番時計だ。

 完璧仕上げに須貝師は「最後も肩ステッキ一発で抑えた。相手が動いたから時計は速くなったが余裕残し。抜群」と納得の表情。前走のクイーンSは6着に甘んじたが「前残りで外々を回らされる競馬。今度は結果の出ている東京だから」と力を込めた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2017年10月12日のニュース