【府中牝馬S】ゲッカコウ 単走伸び伸び12秒7、予定通り

[ 2017年10月12日 05:30 ]

 中山のレインボーSを鮮やかに逃げ切ったゲッカコウはWコースで単走。5F69秒8〜1F12秒7(馬なり)で伸び伸びと駆け抜けた。

 高橋博師は「5F70秒ぐらいの指示で、ほぼ予定通り。状態は維持できている。年齢を重ねてレースが安定してきた。逃げなくても、結果を出せる」と目を細めた。昨年の秋華賞(13着)以来の重賞挑戦。「今回は相手が違うので」と慎重な面も見せていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2017年10月12日のニュース