【古馬次走】シュヴァルグラン、京都大賞典回避…目標はジャパンC

[ 2016年9月16日 05:30 ]

 宝塚記念9着シュヴァルグラン(牡4=友道)は京都大賞典で始動予定だったが、春の疲れが残っているため回避。目標はジャパンC(11月27日、東京)だが、その前にアルゼンチン共和国杯(同6日、東京)を挟む可能性も。

 中山牝馬S15着後、休養しているシングウィズジョイ(牝4=友道)は田辺で府中牝馬S(10月15日、東京)。新潟記念7着ムスカテール(牡8=友道)はアイルランドT(同16日、東京)。小倉記念7着サトノラーゼン(牡4=池江)は柴田善でアイルランドT(同16日、東京)。セントウルS6着レッドアリオン(牡6=橋口)は川須でスプリンターズS(同2日、中山)。新潟記念15着エーシンマックス(牡6=西園)はオールカマー(25日、中山)。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2016年9月16日のニュース