【東京4R新馬戦】アミーキティア、直線抜け出してデビュー勝ち

[ 2014年10月13日 12:00 ]

 メイクデビュー東京は13日、東京競馬場4R(芝・1400メートル・小雨・良)で行われ、丸田恭介騎手騎乗の4番人気、アミーキティア(牡2=大竹厩舎、父プリサイスエンド、母パノラマビューティ)がデビュー勝ちを飾った。勝ち時計は1分23秒2。

 スタート良くアンワンワールドが飛び出すが、ロードアルタイルがかわして先頭に立つと、ハネムーンソング、アミーキティアが続く。4角を回るとアミーキティアが3番手に進出、直線残り300メートルで抜け出し後続を寄せつけなかった。

 1馬身3/4差の2着にウインレナータ。2着から鼻差でリーディングライツが入った。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年10月13日のニュース