【京都大賞典】傾向と対策

[ 2014年10月13日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 昨年は11番人気ヒットザターゲットが優勝したが、残り9頭は全て5番人気以内。一方、2着は6番人気以下が半数の5頭。ヒモ荒れに注意。

 ☆年齢 5歳が8勝(2着1回)と他世代を圧倒。4歳が2勝(2着4回)で、6歳以上の優勝はない。

 ☆脚質 逃げ切った馬はなし。最終4コーナー6番手以下から差し切った馬が7頭。狙いは先行勢より差し馬。

 結論 ◎フーラブライド ○トーセンラー ▲ラストインパクト

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年10月13日のニュース