【京都大賞典】ミスターX メイショウマンボ牡馬相手でも今度こそ!

[ 2014年10月13日 05:30 ]

 京都11R・京都大賞典はメイショウマンボ。牝馬重賞は4勝を挙げるが、今年に入って大阪杯7着→ヴィクトリアマイル2着→宝塚記念11着と牡馬相手の重賞となると、結果を出せていない。8月下旬に帰厩後はCWコースと坂路を併用しビッシリ稽古を積まれてきた。最終追いはしっかり折り合い坂路で4F53秒2~1F12秒1と好時計を叩き出した。舞台は【4100】とパーフェクト連対の京都。今度こそ、牡馬斬り重賞Vを決める。対抗は、こちらも【4231】と京都巧者トーセンラー。その安定感はメンバー随一。休み明けでも調整にぬかりはなく、逆転の目も十分。

 馬連(9)から(2)(3)(7)(8)(11)(12)

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年10月13日のニュース