【弥生賞】関西馬迎撃!美浦の切り札アデイインザライフ

[ 2014年3月4日 05:30 ]

アデイインザライフは皐月賞を意識したローテーションで臨む

 中山日曜メーンは皐月賞TR、弥生賞。強力関西馬撃退の期待を担う美浦の切り札がアデイインザライフだ。

 新馬戦Vで挑んだ京成杯(3着)は道中最後方からメンバー最速の3F35秒8。大外から546キロの巨体を揺すって伸び、2着キングズオブザサンとは頭差だった。鈴木康師は「ピッチが上がった時に動いていく厳しい形になったが2戦目を考えれば頑張った。やはり能力はある」と素質の高さを再確認した。

 今回も含めて、一貫して皐月賞と同じ舞台を選択。来年2月に定年を迎える師にはラストシーズンのクラシックは当然、頭にある。「意識して中山2000メートルを使ってきた。当初は全体的な緩さがあったが少しずつ解消。1週前追いに乗った戸崎騎手も、しっかりしてきましたと言ってくれた。2戦は極端に後ろからの競馬になったが、今は違ったレースもできると思う」と語った。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2014年3月4日のニュース