【愛チャンピオンS】スノー レコードV!凱旋門賞オルフェに強敵

[ 2012年9月10日 06:00 ]

 欧州の中距離最強馬決定戦・愛チャンピオンSは8日(日本時間9日未明)、レパーズタウン競馬場(芝10F、6頭立て)で行われ、4番手を進んだスノーフェアリー(牝5=英国・ダンロップ)が残り1Fでナサニエル(2着)を抜き去り、2分00秒92のコースレコードで快勝。G1通算7勝目、牡馬相手のG1は00年香港カップ以来、2度目の制覇となった。

 スノーは連覇を飾った昨年11月エリザベス女王杯後、左前脚を故障。一時引退説も出ていたが、約9カ月ぶりに復帰した8月ジャンロマネ賞(仏ドーヴィル、GI、芝10F)で復活V。この日の楽勝を受け、次走候補に挙がっている凱旋門賞(10月7日、仏ロンシャン)の英国各ブックメーカーのオッズは3、4番人気に浮上した。9日現在、5番人気に推されているオルフェーヴル(牡4=池江)の強敵になりそうだ。1番人気は今年の英&愛ダービー馬で、デビューから無傷5連勝のキャメロット(牡3=アイルランド・オブライエン)となっている。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2012年9月10日のニュース