【阪急杯】22カ月ぶりに勝った!サンカルロ春の電撃王に名乗り

[ 2011年2月27日 16:32 ]

第55回阪急杯 4歳上、G3、芝1400メートル

(阪神競馬場)
 4番人気サンカルロ(牡5=大久保洋吉)が1分20秒1の時計で優勝、重賞2勝目を22カ月ぶりの白星で飾った。中団7番手で折り合い、直線勝負。直線三分どころを通って豪快な伸び脚を繰り出した。内から迫るガルボを寄せつけず、1馬身1/4差離してゴールイン。高松宮記念の前哨戦に快勝したスプリンターズS3着馬が、春の電撃王に名乗りを挙げた。

 2着は1番人気ガルボ、さらに3/4馬身離れた3着には5番人気フラガラッハがそれぞれ入った。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2011年2月27日のニュース