安藤優子氏 キャスター&ジャーナリストになったきっかけ明かす 「アメリカに反応しちゃった」

[ 2024年6月15日 22:16 ]

安藤優子氏
Photo By スポニチ

 キャスターの安藤優子氏(65)が、15日放送のBS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴」(後9・30)にゲスト出演。キャスターになった意外なきっかけを語る場面があった。

 キャスターだけでなく、ジャーナリストとしても活躍する安藤氏は、昔から報道の道に進みたかったわけではないという。「ホテルウーマンになりたかった。中学も高校も、両方ともホテルの隣なんですよ。だから、ずっとホテルに集まる外国の人たちを見てたの」。

 続けて、「世の中ってこういう人たちが動かしてるんだって思って。いつかこういう人たちと一緒に働いてみたいから、ホテルに就職してみたいって思ったのが、私のホテルウーマンへの憧れ」と学生時代の夢を明かした。

 その後、アメリカへ留学。コーネル大学のホテル科へ進学を考えつつ帰国すると、あまりのアメリカかぶれっぷりに両親から留学を禁じられた。「親がびっくり仰天して。“自分の娘はこの娘じゃない。これ以上アメリカに行きたいなら勝手にしてくれ”って」。安藤氏は、学費を稼ぐためにエレベーターガールのアルバイトを始めた。

 「そこで声をかけられたのが、テレビ局のディレクターだったの。毎日乗ってらっしゃって。“君、テレビ出てみない?”って言われて」。

 アメリカに行くテレビリポーターを探していたディレクターは、英語で接客している安藤氏を見て声をかけたという。安藤氏は「アメリカに反応しちゃったの。そしたらパッて名刺渡されて。それで付いていった」と人生の転機についてしみじみと語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月15日のニュース