アンジャッシュ・渡部健 「寿司屋の予約で特番のMC蹴った」過去 グルメキャラの裏側明かす

[ 2024年6月13日 20:30 ]

「アンジャッシュ」の渡部建
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(51)が12日深夜、ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)にゲスト出演。「グルメキャラ」ができた経緯を明かした。

 番組パーソナリティーでテレビプロデューサーの佐久間宣行氏が「そもそもグルメキャラは、なんでできたんですか?」と質問。

 渡部は「仕事もらえるようになって借金返したのが32歳。さあどうしようと。もう32だったんで、高級車とか高級時計欲しいとかもない。食べ物は、当時から、これ食べる時には店のメニュー見ずに食べたいってのを食べてた。そしたら人に聞かれるようになって、ブログにすることをすすめられて。それで仕事が来るようになったんです」と、食好きなことが高じて仕事につながったという。

 より情報に説得力を出すため、本格的に食べ歩きに力を入れた。数カ月先にしか予約がとれない店に行くため、事務所に怒られながらもスケジュール交渉し「この活動がのちに絶対お金になるから、今やらせてくれと。予約をとった日は何も入れないでくれって。寿司屋の予約で特番のMC蹴ったりとかそういうことしてたんですよ」と明かし、佐久間氏は「えー!」と驚いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月13日のニュース