街裏ぴんく R-1優勝も賞金が入金されていないと明かす「本当に僕は優勝したんでしょうか!?」

[ 2024年5月31日 17:54 ]

ベテラン漫談師の街裏ぴんく
Photo By スポニチ

 ピン芸人日本一決定戦「R-1グランプリ2024」で優勝したベテラン漫談師の街裏ぴんく(39)が31日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演。優勝から11日経ったものの、優勝賞金を未だに受け取っていないことを明かした。

 街裏は「R―1グランプリ」優勝後初の独演会で、未だに優勝賞金の500万円が入金されていないことを告白。番組では「泣きそうです。本当に僕は優勝したんでしょうかね?」とか細い声で嘆いた。

 多忙によりメディアの出演本数が増え、ライブ出演が減ったことから街裏の給料は減るばかり。MCを務めるミッツ・マングローブによると、ブレイク後に次の給料が振り込まれるまで2~3カ月のタイムラグがあるという。

 街裏は「ライブが1万5千円もらってたのが、それがなくなっちゃうんで…優勝賞金が入ってないので、もちろん嫁さんは餓死寸前」と王者らしくスタジオの笑いを誘った。

 最後に「嫁さんがずっとね、“シュラスコ食べたい”と。1人1万円の。そんなん無理ですよ、優勝賞金も入ってないのに。僕も嫁さんもよく食べるんで、昼間割と食べてもうて。予約してるのに夜あんまり腹減ってない状態で行ってもうて。なんかそれに1人1万円払ってみたいなんで、最悪でしたね」と妻とのエピソードを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月31日のニュース