×

「鎌倉殿の13人」義時留守中の悲劇…八重さんロス広がる ネット号泣「嘘でしょ?」「もっと生きて…」

[ 2022年5月29日 20:45 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第21話。鶴丸を救った八重(新垣結衣)だったが…(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は29日、第21話が放送され、大河初出演となった女優・新垣結衣(33)が新境地を開拓した主人公・北条義時(小栗)の妻・八重が天に召された。今作随一の癒やしの存在として大反響を呼び、ドラマ前半を牽引。オンエア終了後、SNS上には悲しみの声があふれ返り、瞬く間に「八重さんロス」が広がった。

 <※以下、ネタバレ有>

 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第21話は「仏の眼差し」。源義経(菅田将暉)を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取る源頼朝(大泉洋)。北条義時(小栗)畠山重忠(中川大志)らが在りし日の義経をしのぶ中、頼朝は毅然と上洛へ動き始める。一方、京の後白河法皇(西田敏行)は丹後局(鈴木京香)と今後の動静を憂慮し、来るべき日に備えていた。一方、鎌倉。八重(新垣)は子どもたちの世話に奔走。八重の明るい表情に、政子(小池栄子)も目を細めるが…という展開。

 八田知家(市原隼人)が天涯孤独となった男の子の面倒を見てほしいと義時に依頼。名前は「鶴丸」(佐藤遙灯)。八重が頼朝との間に生んだものの、幼くして亡くなった男の子「千鶴丸」に似た名前だった。

 北条時政(坂東彌十郎)、義時、北条時連(瀬戸康史)は仏師・運慶(相島一之)が彫った阿弥陀如来像を見に、伊豆・願成就院に到着。運慶と対面した。八重が預かる子どもは15人に。三浦義村(山本耕史)と一緒に子どもたちを川遊びに連れてきていた。

 「冷えてきたな」と義村が用を足しにいった間、鶴丸が川に取り残され、岩にしがみついている。「千鶴」――。千鶴丸が重なったのか。八重は果敢に川へ入っていく。

 義時たちは阿弥陀如来像に見惚れる。運慶は「阿弥陀仏は生あるすべての者をお救いになる。不思議なもんでさぁ、どことなく顔立ちが、ある人に似ちまってさぁ。教えん」。時政は「一献いかがかな?」と運慶を気に入った。

 八重は鶴丸を抱え、川岸へ歩みを進める。戻ってきた義村も川に入り、八重から鶴丸を引き取る。八重の息遣いは荒い。義村は鶴丸を運び、川辺に横たえる。まだ川の中にいる八重は安堵し、力尽きたような表情。金剛の「母上?」に、義村が振り返ると、そこに八重の姿はない。「八重さん…。八重さん!八重さん!」――。

 義村は「申し訳ない」と政子に報告。大姫(南沙良)は「無駄よ。助かるわけないわ。きっともう亡くなっている」と悲観的。義村は捜索に戻る時、「かわいそうだが、助かる見込みは百に一つもないな。小四郎も、ほとほと運のない奴だ」と語った。

 頼朝も加わり、必死の捜索。阿野全成(新納慎也)が祈祷も、燭台の火が消える。仁田忠常(ティモンディ・高岸宏行)が駆けつけ、政子は「見つかったのですか?様子は?」。忠常は「はい…(首を横に振る)」と無情の報告。膝から崩れ落ち、号泣した。

 義時「ふと、妻の顔を思い出してしまいました。息子の寝顔を見ている時の」

 運慶「俺の母にもよう似ておる」

 義時「お母上でしたか」

 八重は義時を見守り続ける仏になったのか。

 「あの子(金剛)のおかげで、もう一度、誰かのために生きようという気持ちになりました」(第16話、4月24日)「この地で、これからもむごい命のやり取りがあるのなら、私はせめて子どもを救いたいと思うのです」(第17話、5月1日)と自分の“使命”を見つけ、義時や金剛、子どもたちと幸福な日々を送る中、突然、悲劇が八重を襲った。

 SNS上には「嘘でしょ?」「八重さん…涙で前が見えない」「もう突然の出来事すぎて涙も出らん、八重さん」「八重さん…泣。小四郎のメンタルこれ以上削るのやめてあげてくれ泣」「“天罰”鎌倉殿の口から出た言葉に今後を思い、心が重い。そして仏の眼差しは母の眼差し。八重さんの入水伝説をこうして描く三谷脚本の凄さ」「千鶴丸を追って入水したという伝説を、千鶴丸が亡くなっても生きて生きて、そして千鶴丸を彷彿とさせる鶴丸を助けて川で亡くなるっていう脚本にしたのは凄い。八重さんが“生きる”人になったのが、とてもよかった。だからこそ悲しい。もっと生きてほしかった」「冒頭の“罰は天が与える”の言葉が揺らぐ、信仰やまじない、祈りの無力を突きつける結末。真っ当な人たちから消えていき“こんな時、平家がおったらのう。義仲、九郎なんで滅んだ”と言い放てる御仁が長生きする『鎌倉殿の13人』の世界の“天罰”とは。悲劇と希望を体現した新垣結衣の八重さん、よかった」などの声が続出。視聴者は涙に暮れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月29日のニュース