原田龍二の妻・愛さん “悪夢”夫の4WD不倫回顧「荷物まとめてもらって2、3分で出てもらいました」

[ 2022年2月6日 18:49 ]

原田龍二
Photo By スポニチ

 俳優の原田龍二(51)と妻で女優の原田愛(48)が6日放送の読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝!」にゲスト出演。「4WD不倫」について赤裸々に告白した。

 龍二は2019年、週刊文春のスクープで当時の愛車だった4WD車内で頻繁に浮気していたことが発覚。記者からの直撃を受けた日は休日で「自宅に入ろう」と思ったところ、事実を突きつけられ「間違いないです」と即認めたという。

 その後、すぐにマネジャーに連絡したが「子どもとプールに行っていた」らしく、30回ほど電話してもつながらず。そこで妻に連絡。愛によると「泣いて謝って、震えて…。小学生の子どもが“帰ってきて、ごめんなさい”っていう感じだった」と回顧した。

 愛が帰宅すると、うなだれた龍二から真相を聞かされ「(2人の)子どもに影響があっちゃいけないと思って、荷物まとめてもらって…。(話を聞いて)2、3分で出てもらいました」(愛)。

 龍二はマネジャー宅近くのホテルに逃避。その後は弟で俳優の本宮泰風(49)松本明子(55)夫妻の自宅にかくまってもらい、反省の日々だったという。

 ただ、愛によると“4WD不倫”発覚は自身にとって「逆に人生の再スタートだった」とも。実は交際3年目、ほぼ同居状態だった時に最初の浮気が発覚。結婚直後にも浮気が判明し、その時は相手女性から「結婚したい」としたためた手紙も出てきたそうで“4WD不倫”は、いわば妻にとっては3度目の屈辱。愛は「今までは自分一人で(浮気のことを)抱えて。“いいパパだ、いいパパだ”って言われてたけど、これで全部さらけ出して、ありのままでいいんだ、と」とスッキリしたという。

 当時の心境について「最初に聞いた時は“ああ、もう終わり(離婚)”と思うんですけど、じわじわ、やっぱりここでは終われない、という気持ち」になった。会見も自宅で見ており「ああいう姿を見ながらも、気付いたら“頑張って”って応援してましたし、まだ一緒に頑張りたい、という思いがあった」と振り返った。

 さらに、2人の子どもの様子も明かした。愛は「尊敬しているパパがこんな事件になるなんて、ショックで。でも娘は逆に“気持ち切り替えよう”って励ましてくれて、ありがたかった」と感謝した。

 一方で龍二は「困ったことに妻のことが嫌いになって、そういうことしてるワケじゃないんですよ」と苦笑い。番組MCの陣内智則(47)から「気持ちと体が追いつかない時があるんですよね」と合いの手を入れられると、龍二も「追えども、追えども、上半身が逃げていくんですよね」と言い訳していた。

続きを表示

この記事のフォト

2022年2月6日のニュース