×

新型コロナ感染のEXIT兼近大樹が病状を説明「軽&症でして今は熱もありまセントバーナード」

[ 2022年1月10日 23:41 ]

EXITの兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)が新型コロナウイルスに感染したと10日、所属の吉本興業が公式サイトで発表。これを受け、兼近は同日夜に自身のツイッターを更新し、病状を説明した。

 「あの!めっちゃくちゃ大丈夫です!軽&症でして今は熱もありまセントバーナード ご心配おかけしてすみま千利休茶柱スタンダップ」と兼近らしく軽症であることを強調。「皆様の声がこんなに優しくて心強いとは!早く復帰して面白い事提供します」とファンからの心配の声に感謝するとともに、「ちなお休みめちゃ長なので出来なかった読書やゲームやり放題で嬉しょんダラダラ」とつづった。

 兼近は今月8日に発熱し、PCR検査を受けた結果、9日に陽性と診断された。相方・りんたろー。(35)は濃厚接触者に該当すると判断され、PCR検査を受検。現在、結果を待っている状態。保健所によると、発症日は7日。今後、保健所の指示に従って療養する。

 吉本興業は「引き続き、保健所の指導に従って適切に対処するとともに、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めてまいります」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月10日のニュース