×

木村拓哉 SMAP解散は「ゴールラインにしたくなかったですね」 さんまの質問に答える

[ 2022年1月2日 19:06 ]

木村拓哉
Photo By スポニチ

 俳優の木村拓哉(49)が1日放送のフジテレビ「さんタク」(後4・00)に出演。「芸能活動のゴールライン」について話す場面があった。

 「さんタク」は公私ともに親交の深いお笑いタレントの明石家さんま(66)と木村が共演し、2003年から毎年正月恒例で放送されているバラエティー。その中の2人きりでのトークだった。

 さんまが木村に詞を提供した新曲「Born ready」の「過去を彷徨(さまよ)う暇もなく ただひたすらに ゴールラインは過ぎたのに 走り続けてる」という歌詞について木村が「ゴールライン過ぎたんですか?過ぎてないですよね?」と質問。すると、さんまは「過ぎてもええやん。木村、お前、思ったことない?もうゴールラインや、ここまできたらって」と質問を返した。

 これに「思ったことあります?」と不思議そうな顔の木村。さんまが「何回もオレ、ゴールのテープ切ってるなって。バラエティーとしてね、ゴールライン越えてるやん。お前ももう芸能人としてはとんでもないところにいってんねん」と返すと、木村は「いってないっすよ、まだ」と首をひねった。

 だが、引き下がらないさんまは「そう言うやろ?お前」とし、「だってゴールしてないじゃないですか、まだ全然」と言い返す木村に「ゴールはないのよ?この世界には」とした上で「ないけど、もう自分でちょっと疲れた時はゴールラインここにしよかって引っ張りたくなんねん。お前、ないのか?」と詰め寄った。

 すると、木村は「まだないかな」と返答。これに、さんまが「だから、SMAP解散がゴールラインやろ?一応」と言葉を重ねた。だが、これに木村は「いや。ゴールラインにしたくなかったですね」と即答。「かっちょいい!」と返すさんまに「いやいやいやいや!温度ゼロで言うの、やめてよ!」と苦笑いだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月2日のニュース