山里亮太 番組で女優の過去のアイドル話はNGと言われていても…「言っちゃうときが。怒られるんだから」

[ 2021年11月25日 13:18 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(44)が24日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。番組で女優の過去のアイドル話をNGとされていながらも、言ってしまったことがあると明かした。

 日本テレビ「スッキリ」の「天の声」と「友人」だと強調する山里は、爽やかな朝には言えない不平不満、願望、疑問などを、「天の声」の代わりに吐き出してあげるコーナー「深夜の天の声」のコーナーでリスナーからの「天の声」風のメールを紹介。「おはよーございまーす。きょうのゲストは、10代の頃に人気に乗じて、微妙な歌のCDを数枚出していたのに、30代になった今は、女優一筋かのようにふるまわれているこの方です」とツッコんだ内容で、「だいたい打ち合わせで『そのことはNGで』、って言う人は大体この感じ」と実体験を暴露した。

 「『あの、元々こういうグループにいたって言うことは、絶対言わないで下さいって言われてますんで』という人はいるんですよね」としながらも、「そういう話をしちゃう。そういうタネ明かしもしちゃうから、このコーナー続けてると。あえて言っちゃったりする。絶対に元なんとかって言わないでねって言われても言っちゃうときがあんのよ。すっごい怒られるんだから、『ちょっと』って言う」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月25日のニュース