藤井聡太3冠、最年少4冠へ白星スタート 竜王戦7番勝負、豊島竜王に先勝

[ 2021年10月9日 19:28 ]

第34期竜王戦七番勝負第1局 豊島将之竜王(右)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太三冠(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 豊島将之竜王(31)に藤井聡太3冠(19)=王位、叡王、棋聖=が挑む第34期竜王戦7番勝負第1局は9日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で第2日を行い、先手の藤井が123手で豊島に先勝した。

 両者のタイトル戦での対決は6~8月の王位戦、7~9月の叡王戦に続き3回目。豊島が防衛すれば3連覇、藤井が奪取すれば史上最年少の4冠となる。

 この日の勝利で藤井は豊島戦の通算成績を9勝9敗のタイとした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月9日のニュース