宮迫博之、妻に“ドッキリ”仕掛けたはずがまさかの展開に…「嫁迫に離婚を切り出されました」

[ 2021年9月22日 16:37 ]

宮迫博之
Photo By スポニチ

 元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)が21日、公式YouTubeチャンネルを更新。「嫁迫に離婚を切り出されました」というタイトルで動画を投稿し、まさかの“修羅場”を経験することとなった。

 今まで多くのドッキリ動画をアップしてきた宮迫。今回は「嫁迫さんに別居を切り出したらどうなるか?!ドッキリ~!!」と、妻に過激なイタズラを仕掛けるという。しかし、これはスタッフ考案のものだといい「イエーイじゃないねん。これはもう全然俺は乗り気じゃないけど、知らんで?変な空気になっても…」と、表情は青ざめている。

 自宅リビングに妻を呼び出した宮迫は「俺の時間が不規則やんか?撮影とかで夜中に帰って来て、起こしてしまったりとかして、最近『しんどい』って言うてたやんか。だから、YouTubeの撮影のために別居というか…」と、恐る恐る切り出す。

 いきなりのことに妻は「そんなこと考えてたん?そんな急に言われてもなぁ…それなら良いタイミングで言われたから言わしてもらうけど、なんか中途半端やん。それやったら、離婚したほうがいいんじゃないかな?」と、まさかの離婚を迫る展開に。実はこれ逆ドッキリで、妻がスタッフと計画したものだった。

 「私は私の考えがあるからさ。私も52になって、もう一回ぐらい第二の人生に恋愛は入ってもいいのかなって。もの好きな人がいて『ご飯でも行きません?』とかなったときにさ、この(夫婦)関係のままやったらアカンやんか?」と、現実味のある妻の“熱演”にショックを隠せない宮迫。

 ここで、いたたまれずに「これ、ドッキリや…カメラ仕込んでんねん」と事情を説明するも、妻は「いやらしいな~なんでもドッキリって。そういうのも嫌やねん!」と、なんと離婚届に名前を記入するよう求める。宮迫が泣き出しそうな表情でペンを握ると、実はそれはビリビリ仕様。「痛いっ!」と絶叫すると、スタッフが部屋に突入し、ネタばらしとなった。

 地獄の時間から解放された宮迫は「これは腹立つな…そういうことか。みなさん、コイツら(スタッフ)にヘイトを送ったってください!」と、まだ表情は曇ったまま。妻が「これ(離婚届)は保管しときますけど」とジョークを飛ばすと「保管せんでええわ!」と、必死に否定し「ドッキリ大成功!」と宮迫ポーズをイヤイヤ決めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月22日のニュース