「数年後、ど真ん中で」山里亮太がオーディションで選んだ女性 数カ月後の結果に…「見る目がなくて」

[ 2021年9月16日 13:57 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が15日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。かつてNMB48のオーディション番組で起こった出来事について語った。

 山里は現在Paraviで配信中の「山里ゼミナール~テレビに出たい女たち~」に塾長として出演中。「番組が、『第二のみちょぱを探そう』っていうので始まったの。言ったら、みちょぱの枠って、みちょぱ以降、空いてるんじゃないかって」と説明し、「空いてなさそうで急に空いた感はあるけど、それはなぜかはみんなの心の中のグーグルに聞いてみてくださいね。うん…ぽよんってなったわけじゃない、色んなことが」とも話した。

 番組で山里は「さらば青春の光」森田哲矢(40)とともにオーディションを行う。「オーディションで選ぶ立場になるの、俺、久しぶりだから」と明かした。「昔なんかNMB48の番組で、密着のやつで審査員みたいなのをやらしてもらって。で、俺が選んだ子が速攻プリクラが流出してたんですけど」と説明。「凄い見る目がなくて。その運営の方から『ファンの目っていうのを信じたいから、山ちゃんも1人選んでいいよ』って言われて、『ツインテールの子、この子、凄い感じるんですよね。数年後、ど真ん中で歌ってる感じあるんです』って言ったら、数カ月後にキスプリクラが流出しちゃって」と続けた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月16日のニュース