茂木健一郎氏、「女系天皇」についてのひろゆき氏私見に反論「はっきり言って不可能な概念だと思います」

[ 2021年9月16日 20:28 ]

茂木健一郎氏
Photo By スポニチ

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が16日、自身のYouTubeチャンネルを更新。日本最大級の掲示板サイト「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)創設者の「ひろゆき」こと西村博之氏(44)の、「女系天皇」を巡る発言について反論する場面があった。

 ひろゆき氏は9日に行ったYouTubeライブで、女系天皇について「時間の問題なので、すればいいと思いますね。昔の天皇制だと側室があったんですけど、今の一夫一妻制の中では男の子が生まれる可能性はかなり低くて。なので、どう考えても女系天皇にしないと天皇の血筋は終わってしまう」と、私見を述べていた。

 これに茂木氏は「これはですね、政治的には難しいんですね。はっきり言って不可能な概念だと思います」と、真っ向から反論。「政治において、天皇の合意形成は最も難しい。いろんな議論はありますが、とにかく男系の天皇が続いてきたことは事実なわけで。保守とリベラル、双方が『女性天皇』を認めるということで、合意形成が行われることはまず無いです」と、語った。

 「ひろゆきさんが言ってることは合理的ではあるんですけど、だから女系天皇を認めることにはならなくて、統計的に男の子が生まれるような工夫をすべきで。宮家を維持し、増やして、男性の子息を養子としてお迎えするなどの工夫をする。男性の皇族をもっと確保しておくことが、未来へ向けての知恵だと思っています。それと、このことは現代の男女平等といった価値観とは無関係なんですね。ですから、ジェンダーや女性の社会進出の議論と混ぜ合わせるのもよくないなと思っております」と、持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月16日のニュース