メッセンジャー黒田 19歳年下妻の素顔 リフォーム後、電気を消すと… 「びっくりしたがな」

[ 2021年5月11日 09:38 ]

「メッセンジャー」の黒田有
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メッセンジャー」黒田有(51)が10日に放送されたABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」(月曜後11・17)にゲスト出演。19年2月に結婚した19歳年下妻との“ほのぼのエピソード”を明かした。

 MCを務める「ナインティナイン」岡村隆史(50)から「馬みたいな嫁さんやろ?」と振られた黒田は、猛然と「誰が馬みたいやねん!馬の絵を描く絵描きや」と妻が画家であることを正式に認め、木炭で描いたという繊細な馬の絵も紹介。現在は畳1畳分もの大作を手掛けているという。

 2人の約束で、料理はプロ並みの腕前を誇る黒田が担当していることも明かし、最近、自宅の壁紙を妻の要望で「真っ白」にリフォーム。ところが照明を消すと壁一面に星がまたたく“プラネタリウムタイプ”だったそうで「びっくりしたがな。銀河みたいで。そこにオレがおんねんぞ!オレ、死んだみたいになっとんねん!」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月11日のニュース