泉ピン子「どこで作る?」ウーバーイーツの話題に混乱、笑い声にカチン「何がおかしいんだ!」

[ 2021年5月11日 21:59 ]

女優の泉ピン子
Photo By スポニチ

 女優、泉ピン子(73)が11日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。フードデリバリーサービスに関するトークの場面で、混乱した。

 「もうそういう時代じゃないんだよと思った瞬間」が話題に。ピン子は「私たちは紙の世界だからさ、世代が。やっぱりFAXがいい私」と、仕事などのやり取りでFAXを用いていることを告白。スタジオに「FAX?」の声が上がると、「なんでよ!紙の方が残るじゃないの!こんなこと(ボタンを押す仕草)やって消えちゃったらどうするのアンタ!」と声を大にした。

 若い世代の共演者が「出前を電話で頼む人がジェネレーションギャップ」「ネットでポチポチしたほうが早い」「ウーバーイーツの配達員がいっぱいいるんで結構すぐ来ます」とコメント。

 これにピン子は「ネットないもん、ちょっと待って」と困惑し、「だって配達でしょ、その人に食べたいものを言ってどうするの?」と話した。スタジオに漏れた笑い声にカチンときた様子。「何よ、何がおかしいんだ!」と真面目であることを強調した。

 ウーバーイーツの配達員の存在は知っているようで、「自転車で走っているじゃない、どこで(料理を)作るんだあの人たちが?」「どうして食べたいもの分かるの?自転車が。自転車の人がどうして分かるのよ、私の頼むものを」と疑問を口に。番組MC・明石家さんま(65)は大笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月11日のニュース