日テレ初出演、安藤優子氏 北朝鮮に小泉元首相と同行取材を回顧 「鏡があったらば…」衝撃エピソード

[ 2021年5月9日 21:18 ]

ニュースキャスターの安藤優子氏
Photo By スポニチ

 キャスターの安藤優子氏(62)が9日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に初出演し、北朝鮮での“マナー”について語った。

 安藤氏は今回が日本テレビの番組に初出演。MCの東野幸治(53)から「ずっとフジテレビ?」と尋ねられた安藤氏は「34年」と語った。東野は出演の経緯を「お昼の番組も一旦終わったので、日本テレビの方からオファーが来たので、ちょっとやってもいいかなってことですか?」と想像した。すると安藤氏は「そんな上から目線じゃないですよ。わかります?相当緊張してるって」と心境を吐露した。

 東野は安藤氏について「我々と全然経験が違いますから。北朝鮮にも取材で行ったことありますし」と紹介。安藤氏は「2回行ってます」とし「小泉総理と同行取材」と振り返った。北朝鮮では常に監視されているというウワサに安藤氏は「鏡があったらば『向こう側に人がいると思え』って言われた」と明かした。

 さらに「ホテルの廊下のところに凄く大きな鏡があった。一応、鏡の前ではお辞儀しろって(言われた)。バスルームに洗面台があるじゃないですか?だから、歯を磨く前に一応お辞儀した」と驚きのエピソードを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月9日のニュース