有吉弘行、スピッツ“さん付け”論争を一蹴「『失礼だろ!』とか言ってるヤツは大体アホです」

[ 2021年5月2日 21:24 ]

有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(46)が2日、自らがパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演し“さん付け”論争をぶった切る場面があった。

 事の発端は、女優の上白石萌歌(21)が4月9日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」に出演したときのこと。大ファンだという「スピッツ」と共演を果たし「スピッツは、私にとって神様的存在なので、神様からそんなお告げを頂いたんだと思うと、すごく震えるような気持ちです」とコメントした。

 放送後、ネット上では「スピッツさんのことを呼び捨てにしているのが気になる」「スピッツさんを尊敬しているなら『さん』くらい付けようよ」といったコメントや、スピッツファンからは「スピッツメンバーがさん付けされるのイヤなのを知ってそう」と称賛する声もあった。

 この論争に有吉は「くだらないよね」と一蹴。「『さん付けしろ!』とか『失礼だろ!』とか言ってるヤツは大体アホです」と斬って捨てた。「あと、コンビ名にもさん付けしなくてもいいよね。『とんねるず面白いね』とか『ダウンタウンすごいよね』、『ウッチャンナンチャン見た?』とか。でも、内村って呼ぶのはおかしいよね。松本だ、石橋だとかは言えないけど、コンビ名はそんなもんでしょ」と、持論を語る有吉。

 「まあ、俺はスピッツの三輪(テツヤ)さんと昔よく飲んでたけど、別に『スピッツは~』で全然大丈夫だったけどね」と、上白石をフォローしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月2日のニュース