厚切りジェイソン 日本人の感染対策に感心「第3波といってるけど、第2波もありましたかね?」

[ 2020年11月21日 14:52 ]

厚切りジェイソン
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の厚切りジェイソン(34)が21日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)に生出演。Go To キャンペーンの中断議論に米国の感染者との比較し、「何か止める必要は一切ない」と主張した。

 番組では、第3波と言われる、新型コロナウイルスの全国での感染拡大について特集。「Go Toトラベル」や「Go Toイート」といった「Go To キャンペーン」について、政府は直ちにストップすることはせず、感染が急速に拡大している地域など、実情に合わせて各知事の判断で見直すなど、対応を検討するよう要請した。

 厚切りは「そもそも第3波といってるけど、第2波もありましたかね?」と投げかけ。「ずっとアメリカの数字を見てるから、それ比べても100分の1ぐらいですから」と苦笑しつつ、「いい意味で、みんな保守的になっている。日本の国民性というか、みんなすごい、自分で協力し合って、守りにいってるから、そこまで日本は心配してない」とコメント。「もっともちろん、気を付けるべきだと思うが、自己責任で対策とかしていたら、経済に悪い影響を与えるような、何か止める必要は一切ないと僕は思っています」と、Go Toキャンペーンの中断は全く必要ないと主張した。

 MCのお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦(50)から「言いたいことを一言で表現すると?」と聞かれ、思わず「なんだろう…」とポツリ。持ちギャグである「Why Japanese people!?」じゃないのか?との問いにも、「そこまでじゃない。ちゃんと捉えているのは認めたいから“Why Japanese people”じゃない」と反論。ただ、Go Toキャンペーンの言葉の使い方には疑問があるようで「Go Toイートは動詞だから、Go Toしない、所じゃないと…」。増田から再び「言いたいことを一言で表現すると?」と振られ、厚切りは「Why Japanese people!?」とご満悦。「すごい久しぶりよ」ともらし、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年11月21日のニュース