手越祐也、宮迫博之のテレビ復帰熱望「『アメトーーク!』も『行列』もいた方が100%面白い」

[ 2020年11月21日 21:29 ]

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之
Photo By スポニチ

 6月にジャニーズ事務所を退所したタレントの手越祐也(33)が、21日に配信されたYouTubeの新番組「WinWinWiiin(ウィンウィンウィーン)」に出演。お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)のテレビ復帰を熱望する場面があった。

 手越は「宮迫さんが犯罪をしたわけではないし、誰かに詐欺をしたわけではない。それって叩く人は叩くけど、日本のほとんどの人は『宮迫さん何が悪いんだろう?』って思ってると、俺は思うんですよ。叩きたい人はいるし、そっちが目立っちゃうからしょうがないとは思うんですけど」という。

 「ずっと見ていた側からして、『アメトーーク!』も『行列』も多分テレビ局の人も同じことを思ってると信じてるんですけど、宮迫さんがいた方が100%面白いのに、戻さない意味が俺は分からない」と熱弁。「エンタメっていうのは、視聴者の方に笑ったり夢を持ったりしてもらうためにある。宮迫さんを使った方が蛍原(徹)さんと2人で面白いし、『行列』で宮迫さんがいるときに、ゲストで出て本当に楽しかったですし。番組にいたら華もあるし、面白い宮迫さんを戻さないっていう判断をしてるのか、俺は訳が分からない」と言い切った。

 これに宮迫は「手越くん、各所一緒に回ってくれへんかな?」と返し笑わせる。手越は「スポーツだったら、この人だったら点取れるって人いたら絶対戻すじゃないですか。それを何でテレビとか日本の芸能界は、ちょっとしたしがらみとかでできないんだろうなって。だから面白いコンテンツがなくなっていっちゃうんじゃないかと思います」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年11月21日のニュース