小林麻耶 「グッとラック!」も事務所も“クビ”…ロケのドタキャンが決定打

[ 2020年11月13日 05:31 ]

フリーアナウンサーの小林麻耶
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの小林麻耶(41)が12日、TBSの情報番組「グッとラック!」(月~金曜前8・00)を降板したことが明らかになった。同日の放送から出演しなかった。番組側は小林のロケのドタキャンや、夫で整体師の國光吟(あきら)氏(37)の介入を問題視。所属事務所も「マネジメント業務が困難」として小林の契約を解除。番組も事務所も事実上の“クビ”となった。

 小林は12日早朝に夫と2人で生配信したYouTube動画で「昨日(11日)午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、きょう出演できないことになりました」と降板を報告した。笑いをこらえきれずに噴き出すなど、終始、話した内容とはそぐわない笑顔。TBSも「小林さんと番組との間で日程的に合わないことがあり、番組から離れることとなった」と発表した。

 関係者によれば、降板の決定打となったのは、10日に小林がロケをドタキャンしたこと。小林はスタッフからのいじめを理由に参加しなかったと主張しているが、局側はいじめについて「事実ではない」と否定した。では、何があったのか。

 本紙の取材では、発端は9日夜の出来事だった。小林が突然、予定されていたロケの内容について「これは無理、あれはやりたくない」などと拒否し「ロケに行きたくない」と言った。事務所を通じて連絡を受けたプロデューサーは「直前になって困る」とあきれ果てていたという。結果的にロケ自体が中止される事態となり、番組側は「言語道断の行動」と降板を決めた。

 先月29日の放送ではMCの立川志らく(57)と意見が“対立”。「母親がいないと子供にとって不幸」と言った志らくに「そういう言い方は嫌いです」と反論した。関係者によると、放送後のスタジオで涙目の小林が「誰か私を抱きしめてください。夫がいないので…」と出演者に求めた。この時はコメンテーターの田村淳(46)が「(既婚者の)僕はできないから、できるとしたら誰かなあ?」とおどけてみせ、凍りついた雰囲気を和ませたという。

 番組関係者は「この対立は降板の判断と関係ない。ただ、感情の起伏の激しさが出てしまうのは朝の生放送の情報番組にはあまりそぐわない。そうした面で影響を与えていると思う」と話した。

 所属事務所の生島企画室も小林との契約を解除した。理由はTBSと同様で「正常なマネジメント業務を行うことが困難になった」と説明した。事情を知るテレビ関係者は「“夏ごろから事務所の言うことを聞かなくなった”と聞いている」と明かした。

 小林は18年8月に芸能界を引退したが、昨年6月に同事務所に所属して活動を再開した。だが「既にマネジャーが4人代わるなど、小林さんの扱いに手を焼いていた印象」と話している人もいる。

 《YouTubeチャンネル 3日から活動計11本》小林と國光氏は、ともにYouTubeでも活動している。今月3日に「コバヤシテレビ局」としてライブ配信を開始。基本的には朝の時間帯に配信。視聴者とチャットで交流しながらトークを繰り広げる内容で、2人で登場したり、國光氏が単独で配信する場合もある。12日までに計11本を配信しており最も長時間の“番組”となったのが、10日の2時間14分だった。その10日の配信では、志らくを痛烈批判。「何言ってんだよって話。全然とんちんかんな事言ってるから。ほんと、しょーもな!」「麻耶ちゃんに意見するなんて100年早いわ」「あのMCも、ど~かしてますよ。だっさ!」などと吐き捨てている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月13日のニュース