羽生九段、175手で佐藤天九段に勝利!豊島竜王に並び首位並走 王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2020年10月14日 20:53 ]

大逆転で王将戦挑戦者決定リーグ2連勝の羽生九段(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグは14日、東京都渋谷区の将棋会館で羽生善治九段(50)―佐藤天彦九段(32)戦の1局を行い、先手の羽生が175手で佐藤を破った。

 リーグ成績は羽生が2戦2勝で豊島将之竜王(30)と並びトップ。佐藤は3戦全敗となり、挑戦権獲得の可能性が消滅した。

 15日には同所で豊島―広瀬章人八段(33)戦が予定されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月14日のニュース