浜田雅功「場を和ませようと」 18歳の水川あさみにしたこと 松本人志「今なら大大大問題やで!」

[ 2020年9月12日 08:30 ]

ダウンタウンの浜田雅功
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」浜田雅功(57)が11日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演し、女優の水川あさみ(37)と共演した過去の思い出を振り返った。

 2人は01年日本テレビ系で放送されたドラマ「明日があるさ」で共演。水川が「18歳でした」と当時を懐かしむと、浜田は「忘れもせえへんけど、待ち時間に(水川が)一人でポツンと座ってたから、場を和ませようと思って(水川の)膝の上に俺が座ったんですよ」とまだ駆け出しの水川を気遣ったと切り出した。

 このエピソードに水川は「違う!」と真っ向否定。「私はゲストだったから、一人で大人しく座ってたんです。そしたら急に浜田さんが来て、こうやって座ってきて」と、向かい合うように対面する形で膝上にまたがってきたという。「こうやって座って、腰振ったの!」と18歳の水川に対しとんでもない行為をしたと主張した。

 これに対し浜田は「全然覚えてない」ととぼけたが、相方の松本人志(57)は「今なら大大大問題ですよ!」とあきれた様子。浜田は慌てて「関西の子やと知ってたから、これくらいのことやったら笑って済ませられるかなと、どこかで思ったんだと思う」と弁明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月12日のニュース