尾木ママ 学長就任していた伊勢谷容疑者に「子どもたちに対する大変な裏切り」

[ 2020年9月9日 15:28 ]

教育評論家の尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(73)が9日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が、8日に東京都目黒区の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことに言及した。

 逮捕容疑は8日午後4時39分、目黒区碑文谷の自宅で発見された大麻4袋のうちの1袋(約7・8グラム)を所持した疑い。

 尾木氏は、伊勢谷容疑者が昨春に、自身を学長とした「ルークス高等学院」を開校していることに触れ「教育者でもあるっていうところでいえば、昨年は学長に就任して学校を開校した。子どもたちがそこに来ているわけですけど、伊勢谷さんにあこがれて信頼して入ったんだと思う」とした上で、「子どもたちに対する大変な裏切り。絶望感で自分はこれからどうすればいいのかと路頭に迷うと思う」と指摘。そして「そういうところを、大変な裏切りをしたことの責任感とか自覚っていうのをどの程度持てているのか。ほかに社会貢献活動とか見ていると身軽で、そこは素晴らしいんだけれども、僕の感覚何ですけど何か頼りないなあって感じます」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月9日のニュース