田中美佐子 夫・深沢邦之との格差婚“真相”明かす「主人の意思ではなく、義父の意思で結婚した」

[ 2020年8月28日 14:08 ]

女優の田中美佐子
Photo By スポニチ

 女優の田中美佐子(60)が28日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演し、お笑いコンビ「Take2」深沢邦之(53)との“格差婚”の真相について語った。

 95年に、7歳下で無名だった深沢と結婚。当時を「自分をさらけ出せる人がなかなかいなくて、彼氏とかちょこちょこはできていたんですけど“俺、田中美佐子と付き合ってるんだ”とか言われたりすると、自分の気が引いてっちゃう。普通の私を見てくれたというのが1番だった」と振り返った。そして、MCの黒柳徹子からプロポーズについて聞かれると「私からです。“結婚しようよ”とか“結婚するから”とか、そういうようなことを言いました」と明かした。

 深沢は「考えさせてほしい」と保留。決め手となったのが、義父の深沢への「あんなに忙しくしている女優さんが世界でたった1人、お前を選んでくれた。お前にしかない良さが彼女にあったんだから、お前はちゃんと主夫になって彼女を支えてあげなさい」というアドバイスだったと言い、「主人の意思ではなく義父の意思で結婚した」と笑いながら話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月28日のニュース